本文へスキップ

このホームページは群馬県立高崎高等学校同窓会で運営しております

電話でのお問い合わせは027-320-6024

〒370-0861高崎市八千代町2丁目4番1号 翠巒会館内

事務局より(同窓会長より)real estate



ご  挨  拶             




                 会長 串田 紀之

                    (第67期)
 平素より同窓会諸氏のご活躍と母校への多大なるご支援に敬意を表わすと共に心より感謝申し上げます。
この第113回群馬県立高崎中学校、高崎高等学校同窓会総会が、平成27年1月24日午後3時から高崎ビューホテルで盛大に挙行されました。佐藤和徳前会長始め会員の皆様から推され会長に就任いたしました歴史と伝統ある高崎高等学校同窓会会長の重責は、私ごときが担えるものではありません。会員皆様のお力添えを賜り全う出来るものと思いますので、是非ともご協力を頂ければ幸甚に存じます。
 さて、私は昭和24年戦後生まれで「団塊の世代」として一括りにされてきました。小中学校を卒業し高校進学を迎え高崎高校の帽子の2本の白線や朴歯の下駄に憧れ、受験の動機は不純なものでした。受験当日、私の中学からは十数名が先生に引率され校門へ、町中の一・二中の受験生の多さに圧倒され驚いた記憶があります。しかし、どうにか難関を通りぬけ合格しました。時は1964年東京オリンピックの年でした。入学式にはブラスバンドの部員が歓迎で東京オリンピックマーチの演奏を披露してくださいました。やはり中学と高校の差を見せつけられビックリした記憶が今も鮮明に焼きついています。入学から卒業の3年間で翠巒祭、マラソン大会、定期戦、関西への修学旅行など数多くの楽しい思い出をつくらせて頂きました。
 あれから50年経ち、今各方面で活躍されておられる同窓諸兄にお会いする毎に、改めて高崎高校を卒業出来たことに感謝すると共に誇りに思います。
 終に会員の皆様のご指導を賜ります様、心よりお願いいたしましてご挨拶とさせて頂きます。

                                       クシダ工業株式会社 代表取締役社長








本サイトは、プライバ
シー保護の為SSL暗号化
通信を導入しています。