本文へスキップ

このホームページは群馬県立高崎高等学校同窓会で運営しております

電話でのお問い合わせは027-320-6024

〒370-0861高崎市八千代町2丁目4番1号 翠巒会館内

事務局より(会則)real estate


群馬県立高崎高等学校同窓会会則
第1条 本会は、群馬県立高崎高等学校同窓会と称し、本部を母校に置く。
第2条 本会は、会員の交誼を厚くし、あわせて母校教育の振興充実に協力することを目的とする。
第3条 本会は、次の会員をもって組織する。
(1)正会員  卒業生およびかつて在学した者
(2)客 員  現に在職する職員及び旧職員
(3)名誉会員 本会および母校に功績があり、本会により推薦された者
第4条 1.本会に、会長1名、副会長若干名、書記2名、会計2名、常任理事若干名、幹事(本部幹事、期別幹事、地区幹事、職域幹事、校内幹事)若干名、会計監査 若干名を置く。
2.本会に、名誉顧問若干名、顧問若干名、相談役若干名を置くことができる。
第5条 役員の決定は、次に定めるところによる。
(1)会長は、総会において選出する。
(2)副会長は、若干名を総会において選出し、母校の教頭2名をこれに加える。
(3)書記は、会員より会長が委嘱する。
(4)会計は、校内幹事より会長が委嘱する。
(5)常任理事は、会員より会長が委嘱する。
(6)理事は、会員より会長が委嘱する。
(7)本部幹事は、15名前後とし、会長が委嘱する。本部幹事中より会長が指名する幹事長を置く。
(8)期別幹事、地区幹事、職域幹事は、それぞれ同期会員、当該地区会員、当該職域会員の推薦により、会長が委嘱する。
(9)校内幹事は、母校在職の正会員全員をもって充てる。
(10)会計監査は、総会において選出する。
(11)名誉顧問、顧問、および相談役は、母校の校長および本会に功労のあった者を、会員の推薦により、常任理事会の議を経て会長が委嘱する。
第6条 役員等の任務は、次に定めるとおりとする。
(1)会長は、本会を代表し、会務を掌理する。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長が不在のとき又は事故あるときは、会長の指名する副会長がその職務を代行する。
(3)書記は、本部幹事および校内幹事とともに事務局を構成し、会務の処理および常任理事会の決定事項の処理にあたる。
(4)会計は、本会の会計をつかさどる。
(5)常務理事は、会長の諮問に応じ、会務処理上の重要事項について審議し、軽易な事項については決定する。
(6)理事は、総会において決定する事項について審議し、原案を作成する。
(7)期別幹事、地区幹事および職域幹事は、それぞれの選出母体を代表し、本部との連絡にあたる。
(8)会計監査は、本会の会計を監査する。
(9)名誉顧問、顧問および相談役は、会長の諮問に応じ、意見を陳述する。
第7条 役員の任期は2年とし、留任または再任を妨げない。
第8条  会長は、必要に応じて、総会、常任理事会および理事会を招集する。ただし、総会は年1回は開かなければならない。
第9条 本会の運営は、入会金、維持会費その他による。
(1)正会員は、入会の際入会金として当該年度の授業料月額相当額を納入するものとする。
(2)維持会費は、年額一口2,000円とし、一口以上納入するものとする。
第10条 本会の会計年度は1月1日より12月31日までとする。
第11条 この会則の改正は、総会の議決を経るものとする。
 附則
この規約は、昭和49年2月2日から施行する。
附則
この規約は、昭和56年1月24日から施行する。
附則
この規約は、昭和57年1月23日から施行する。
附則
この規約は、昭和59年1月28日から施行する。
附則
この規約は、昭和63年1月23日から施行する。
附則
この規約は、平成17年1月22日から施行する。
附則
この規約は、平成21年1月24日から施行する。







本サイトは、プライバ
シー保護の為SSL暗号化
通信を導入しています。