本文へスキップ

このホームページは群馬県立高崎高等学校同窓会で運営しております

電話でのお問い合わせは027-320-6024

〒370-0861高崎市八千代町2丁目4番1号 翠巒会館内

財団法人「翠巒育英会」についてreal estate

発足ならびに概況説明資料
 昭和56(1981)年群馬県立高崎高等学校野球部は、第53回選抜高校野球大会に悲願の初出場を果たした。その時、野球部後援会を母体に、同窓会・PTA・野球部OB会・野球部父兄会が参加して、「高崎高校野球部選抜甲子園大会出場特別後援会」が組織され募金活動を行ったところ、総額1億500万円余の浄財が瞬く間に集められた。
 しかし、甲子園では本校野球部は1回戦で敗退したために、8,000万円程の浄財が残された。「高崎高校野球部選抜甲子園大会出場特別後援会」はその解散にあたって、残金についてはご後援をいただいた各方面にお返しし、それぞれ有効に活用していただくこととしたが、同窓会にはクラブ活動振興のためにと3,000万円が寄託された。
 同窓会ではその運用を厳正に期すために「クラブ活動振興基金管理委員会」を組織して、高崎高等学校のクラブ活動を支援してきた。そして、より有効な活用をはかるために、同窓会諸機関の承認を得て、本来のクラブ活動振興基金としての趣旨を生かしながら、さらに奨学資金の無償給付を行う財団法人を設立することとし、昭和60(1985)年1月19日「クラブ活動振興基金」3,000万円を基本財産として、財団法人「翠巒育英会」が発足した。
 以来、17年を経て翠巒育英会の奨学金(月額1万円)を支給された奨学生は77人、支給された総額は1,975万円に及んでいる(平成16年1月現在)。その内訳は、高々56人・高女6人・高商5人・高経大付属(含む高市女)4人・中央3人・高工3人であり、生徒の居住地域も高崎市の他、安中市、富岡市、松井田町、榛名町、群馬町等の多地域にわたっている。このような活動の公益性が高く評価され、平成3(1991)年には群馬県教育委員会より感謝状、平成7(1995)年には群馬県知事表彰を受けている。
 また平成9年1月に、「翠巒育英会創立10周年」を記念して記念誌を発行し、関係者及び関係各機関に配布している。
 この育英資金は、財団の基本財産運用の利息の果実によって賄われているが、さらに毎年、叙位叙勲表彰を受けた同窓生や篤志家等の寄付によって援助されており、平成16年1月現在 119人の浄財の支援を受けながら、最近の低金利時代のなかでも育英会活動を続けている。 

  平成28年度翠巒育英会財産目録
  平成28年度翠巒育英会正味財産増減計画算書
  平成28年度翠巒育英会貸借対照表
  平成29年度翠巒育英会収支予算書
  







本サイトは、プライバ
シー保護の為SSL暗号化
通信を導入しています。